FC2ブログ

心々の庭/cocononiwa

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

聞こえぬふり


このところ小ハウス設置業務や商品メンテナンス、
南側の待機宿根草エリアの再編や品出し・しまい
込み等で、まったく販売用ポット上げが進んで
いなかった。小ハウス内の水を確認するたびに
『植え替えしてくれないかなぁ~』という声が
聞こえるような気がするが、聞こえて聞こえぬ
ふりをしている、いつものことだ。明日から
どんどん植え替えていこう、そうすればまた
どんどん出来上がってくるのだから。

とにかくすごい量だ、1品種1品種でみれば
たいした量はないが、まとまるとこんなにある
ものなのか!と思うほどだ。明日バックに
小ハウス2棟およそ36トレー分増設するが、
植え替えが始まればあっという間に埋まって
しまうだろう、今日小ハウスをつくりながら
「なんでこんなこと始めちゃったんだろう・・・」
と少し考えてしまった、疲れてるのかもしれない。

なんだか昨日からやたら腰のあたりが痛む、
先日私によくしてくれる方がぎっくり腰をやって
たいへんだったということだ、とても痛かった
そうだ、痛いのはとても怖い、やだ、ひょっと
したら私も危ないのかもしれない、だから早く
休むことにしよう、では。

スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

うちのトラの話


・・・トラは飼えませんよ、ちゃんと許可をとらないと・・・

今秋はビオラ・エンジェル『タイガーアイ~イエロー
~』の入荷ができなかった、いつものつくり手が今年は
つくっていないとのことだった。近年レッドやオレンジの
流通ばかりで元祖イエローにめぐり会えることはあまり
ない、いや、ほとんどない・・・そのため当庭でも今夏
採取播種してみた、7月下旬播きで発芽不良、発芽
したものも生育不良、10ポット程度が育苗中だが
なかなか大きくなってこない。その中の4ポット程が
咲いたが、やっぱりタイガーになりきれない黄色や、
紫系の花まで咲いた・・・とり播きビオラ播種の
典型的な展開だ。先日同じようにタイガーから
採取育苗しているという方とお話する機会があった、
遠方の方なのでいつかお会いできた時には
その結果をお伺いしてみようと思っている。

タイガーアイ~イエロー~のタネの販売を
確認している、いったいどのようにして
純粋なタイガーアイ~イエロー~のタネを
確保するのだろうか?ぜひとも知りたい
ところである。

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

青傘


夜になると傘を閉じる、まるで番傘を想わせる
ところから・・・というのがこの素敵プランツの
命名なのかもしれない。

ルピナス・ヒルストゥス、英名ブルールーピン
とも言われる美しいリーフで知られる青紫花の
ルピナスだ。寒さに絶対性がなく冬期ハウス型
だが、じっくり育てていくと早くは3月上旬頃より
開花させられる(当庭の開花実証データから)。
比較的つくり手も少なく、3月中旬頃より花市場
出荷が確認されているが、このつくり手が終了
すると後続が見つからない状況なのは何年
経っても変わらない・・・

開花してくるまでは美しい葉の展開を楽しみたい。

ルピナス・ヒルストゥス~かさ葉ルピナス~
マメ科一年草 / 南ヨーロッパ
耐寒性 強~中(冬期ハウス型)
耐暑性 弱 / 日なた
花期 4~6月頃
草丈 ~70cm程

ハウス内だが八重咲きニオイスミレの開花も
始まっている、今期はこのルピナスも比較的早い
開花が見込めるかもしれないな。



| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

開いたつぼみ


当庭における秋播き一年草系苗開花
第一号は《マルコ》でした、マルコというのは
かのイタリアの少年のアンデス行きの物語
ではなく、バージニアストックのことです、
マルコルミア・マリティマ『パールピンク』
からのとり播き品ですが、当庭での開花
テストでは95%以上の確率で『パール
ピンク』が咲いています。かなり低い確率
ですが、ピンクおよび白が咲いています。

11月中旬頃よりつぼみの形成を確認して
いましたが、およそ1ヶ月弱での開花となり
ました。アグロステンマ『桜貝』を想わせる
素敵なライトピンクのつぼみがなんとも美しく、
そのつぼみが今日咲いてました。この瞬間は
私にとってはとても幸せな瞬間で、「がんばった
な!」と言ってやれる瞬間でもあるのです。
私に指導してくれるかのタネ播きのスペシャ
リストの方も、『25年経つ今でも播いて発芽
してくる瞬間はドキドキワクワクするものです』
と以前言っていました。

これ以前に、アネモネ『ミストラル』やヘリオフィラ
~ブルー~のつぼみつきを連れていって頂き
ましたが、その方のところではこのマルコの開花
以前にすでにもう咲いていたかもしれませんね。
今度お会いできたら聞いてみることにしよう。

マルコの9cmポット100円での販売は近日終了
です、自分で咲かせてみたいと思って頂けたので
あれば、咲いてくる前に連れていってあげてください、
近日開花してきてしまうので。

咲かせる喜び、体感してみませんか?!

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

すべてしまって!!!

!!! 警報発令!!! 警報発令!!!
!!!しまえるものはすべてしまってください!!!
しまえるものはすべてしまってください!!!

・・・また倒れてました・・・土曜日の夕刻、
しまえるだけしまっておいてよかった、が、
油断したかな、今日朝お店について言葉を
失った、屋根下に入れなかった100円ビオラ、
パンジー、あと葉牡丹、バリバリに凍っていた。
まだ12月上旬だというのにここまで凍るか!
という凍りかただった。10時を過ぎてもまだ
凍っていて、12時頃ようやくもとにもどった・・・
宿根草はビクともしていなかった、さすがに
強い、だがこのまま放置しておけばそのうち
ボロボロになってしまう、地に降りているものと
ポットのままでいるものはまったく違うのだ。
こんな状態で今日寒風に吹かれたらひとたまりも
なかっただろう、こういう状態が日々続くのが
1月中旬から2月の下旬にかけてだ、とくに2月の
下旬は《もう少しでしまい込みも終わる!》と
油断が生じるときなので注意が必要だ。

ハウス内のチェック、すべて問題なし!と言いたい
ところだが、クラスペディアの葉が少しでれんとして
いた。夕刻前には元に戻っていたが、毎年症状が
出やすいもののひとつだ、今一度土の見直しを
かけなければならないな、しかしながら夕刻バック
宿根草整理をしていたら、その中にひとつだけ
今春持ち越しの中ポットクラスペディアがあった・・・
直撃してしまったはずなのにそれはビシッとしていた。
とりあえず軒の下に置いておいたが、明日どうなって
いるか、かわいそうだがテストしてみよう、症状は
後から出るものだ、その時大丈夫でもこういう場合は
油断しないようにしよう。

後はテストで持ってきているシクラメン、うちは
設備がないのでシクラメンの投入は今は危険だ。
設置した商品防備のハウス内で今日の朝、
少し弱っていた、水ではない花のバラケかただ。
寒すぎたのだ・・・ごめんな・・・設備ができるまでは
シクラメンはまだ我慢だな・・・(ガーデンシクラメンは
問題なかった)

とにかくしまえるものはしまわなくてはいけない、
寒さに慣れたものは別だが、お花屋さんに
ならんでいるものはおおよそが温室ものだ、
今日の寒さはまだ序盤、凍る時間が短いし
日中の気温も多少上がる、これが2月になると
もう大変・・・きれいにお花を楽しみたいのであれば
たいへんでも必ずしまい込んでいきましょう。


| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

見直し


生産技術の向上に伴い、以前からお約束
してきている通り、市場外商品のプライスを
見直しています。一年草系はおおよそ9cm
ポット100円からのスタートに変更、今後
宿根草も9cmポット150円からのスタートに
変更していきます。現状新規スタートした
リナリア『キャノン・J・ウェント』、タナセタム
『ジャックポット』は9cmポット150円から
スタートしています。植え替えでの出動の
タイミングでプライスアップしていくので、
小さくても安価なうちにお買い求め頂けます
ようご案内させて頂きます(特殊ルートによる
市場外商品の搬入はロープライスではいけない
ので予めご了承下さい)。

また、今後売場商品陳列に関する見直し、
および商品搬入方法に関する見直しも
行っていく予定です。とくに特殊系プランツの
商品搬入に関しましては、流通の都合上、
おおよそが花なし状態での搬入となりますので、
結局は花なし状態で販売できる当庭のチカラが
強く求められることになりますね。

まずは品質の向上とプライスの見直しから
スタートしていきます。

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

ルピナス4品種


6月下旬播きでラッセルルピナスが上がって
います。このところの低温で株がしっかりして
きたように思われます、ライトイエロー系、
赤ピンク系、青紫系、白系、とり播きの花色
テスト品ですが、開花見込みで9cmポット
100円からのスタートとなっています、
お使い頂ければ幸いです。

ルピナス(高性種)
マメ科一年草扱い 
耐寒性 強 / 冬期半常緑性
耐暑性 弱 / 日なた(夏明るい半日陰)
《夏越しが難しい、タネに任せるのが得策》
花期 5~7月頃
草丈 ~100cm / 切花可

花色テスト品となります、発芽の段階で
ライトイエロー系と白系は緑白の茎、
赤ピンク系と青紫系は赤黒い茎に
ビシッと分かれました。これは花色を
反映したものと推測できます、が、
花色テスト品となることを予めご了承
ください。

早春から出回る花つきのルピナスは
秋播きで開花すると言われるラッセル・
ミナレットという丈が低いタイプがほとんど
です。高性をお望みでしたら本苗をお使い
頂ければ幸いです。

| 市場外商品 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT