心々の庭/cocononiwa

    ※誠に勝手ながら、
      10月15日(日)は、お休みとさせていただきます。


    ■9月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                     (状況により休む場合もございます)
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

立ち上がる松虫草 


松虫草というと20~30cmくらいの伸びないタイプの
松虫草がまず思い浮かぶと思います。「スカビオサ」の
品名で販売されていますが、「スカビオサ」は「松虫草」の
学名です。スカビオサも品種が豊富で、先日ご紹介した
松虫草関連のクナウティアやサクシセラ、セファラリアなどを
含めると、相当量の品種が挙げられ、とてもおもしろい領域
かもしれません。

今回取り上げる松虫草は、花なし苗では出現しますが、なかなか
花つきではめぐりあえない高性切り花種の「アトロパープレア種」
というものです。その中でも特に著名なのが、『エースオブスペード』
といわれる黒花系品種で、とても素敵な品種です。また他にも『ルージュ
カーマイン』という濃色赤花系や『スノーメイデン』という白花系、
『オックスフォードブルー』という青紫系や『サーモンピンク』という
桃花系が存在します。当庭での色別生産は、『スノーメイデン』のみ
ですが、色不定品は只今販売中で、つぼみができてきていて、近日
開花します。私が育てていた色不定苗は素敵なピンクが咲いて、
タネがしっかり採れれば、今秋より色別ピンク苗をご用意できそうです。

高さ1mくらいまで立ち上がる松虫草で、ダイナミックに立ち上がり、
風に揺らいで素敵です。また、花後切り戻し、夏期半日陰で暑い夏を
乗り切ると再び秋開花します。只今販売中の色不定苗の中に黒花系が
入っているかどうかは定かではありませんが、どんな色が咲いても
かなり素敵だと思います。昨年の12月より色不定花なし苗を販売してきた
わけですが、みなさんの所では何色が咲きましたでしょうか、黒花系開花の
実証はまだとれておらず、報告も入ってきていません。何色が咲いたのか、
ご報告頂ければ幸いです。

つぼみができて一輪咲いたときの喜びはひとしおです。


↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

コロカシア Painted Black Gecko など入荷しました!!


P1210875.jpg

コロカシア Painted Black Gecko(4号ポット)

P1210884.jpg

ホタルブクロ ピンクオクトパス(3.5号ポット)

P1210879.jpg

ロベリア プリンセスブルー(2.5号ポット)

P1210882.jpg

チャイニーズハット(3号ポット)

P1210890.jpg

アストランチア(5号鉢)

P1210889.jpg

カラーリーフホクシャ(3.5号ポット)

P1210885.jpg

ペチュニア 夢のしずく(3.5号ポット)

P1210888.jpg

フロックス スター(3.5号ポット)


その他にも、マリーゴールド ミックス色株、銅葉ベゴニア、
サマーコリウス、イソトマ、ハーブ お料理シリーズなど入荷しました♪


皆様のご来店 心より お待ちしております。


↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 入荷情報 | TOP↑

≫ EDIT

4種のベンケイソウ科プランツから

ベンケイソウ科プランツというとあまりパッと
こないかもしれませんね、最も身近なものと言えば
都市の緑化計画のために引っぱられ知れわたった
セダムというものでしょうか、セダムといっても系統が
いくつかあり、『トリカラー』や『ドラゴンズブラッド』に
代表されるあのセダムですね。今回は当庭の計画
生産品のうちの3種のセダムとセンペルビウムを
ご紹介します。

まずとてもかわいらしい容姿でファンの多いセダム、
セダムというよりは「子持ちレンゲ」と呼ばれることの
ほうが多いようですが、調べてみるとセダムの一種で
紹介されています。横にピョンピョン子どもが伸びて
かわいいんですが、ときどきその子どもが「プチッ」と
とれてしまうんですよね・・・なんだかすごい悪いこと
したような気持ちになってしまうんです・・・ほんと・・・ごめんね・・・

つぎはセダムではありませんが、こちらも近年いろいろな
所で見かけるようになってきたもののひとつかと思われます。
「雪が降っても凍っても大丈夫」との紹介を見かけますが、
多肉植物なのでやっぱり過湿には注意が必要です。
小さな苗での出動ですが、5ポットくらい合体すればかっこよく
なるかな。「レーッツ!コンバイン!!」 えっ!知らないですか?。

この2種は寒さにはとても強いですが、夏の強光線には注意が
必要とのことです。昨年の夏はどちらも炎天下でぜんぜん
痛まなかった記憶がありますが、記憶違いかもしれないので
今年の夏に実証テストしてみます。

3つ目は、ミセバヤの名で知られるセダムで、葉が素敵に黒み
がかる「からす葉ミセバヤ」と呼ばれるものです。赤い花もシックで、
よく日に当て水を控えるといい葉色がでます。また、低温下でも
いい葉色を見せてくれますが、冬期落葉性です。セダム「バートラム
アンダーソン」の名でも出回ることがあります。

P1200203_2017053109123467e.jpg

最後は、念願の生産品でもあった素敵プランツのひとつで、
セダム『ゼノックス』という銅葉のベンケイソウです。原木が
小さく、昨年まで数量がまとまりませんでしたが、今期は少し
まとまりました。かのおぎはらさんも扱う素敵セダムのひとつで、
ガーデンにて素敵なポイントカラーとして使えると思います。
このようなカタログ系プランツを何としても広げていくこと、
それが私の使命なのです。

P1210607_201705310912355b0.jpg

この2種の日照は日なたです。日陰では十分な成果を
上げられないのでご注意ください。また、上記4種は多肉質
ですので、不必要な水やりは厳禁です。

冬でも戸外で育てられる多肉植物、お使い頂ければ幸いです。




↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

続・低温下で深く染まる素敵プランツから


昨日のペンステモン『ミスティカ』と同様、低温下で
葉が深く赤みがかるオレガノで、名を『ヘレンハウゼン』
と言います。オレガノというとまず思い浮かぶのが
葉の先端部がピンクに染まる素敵オレガノ『ケント
ビューティー』だと思われますが、このオレガノ『ヘレン
ハウゼン』は、低温下で葉が強く赤みがかるのがとても
印象的なオレガノです。比較的大きくなり、寄せ植えと
いうよりはガーデン向きで、初夏から初秋までの暑い中
ピンクの花を立ち上げます。花後は移りゆく季節の中で
徐々に緑葉を赤葉に衣替えしていきます。多くのオレガノが
夏期半日陰向きと言われる中で、この『ヘレンハウゼン』は
日なたで使えるうれしいオレガノです。

低温下で葉色を変えゆくプランツはいろいろあります。
寒くなるのは嫌ですが、寒くならないとこの素敵な葉色
変化を楽しむことはできないのです。

みなさんもこのオレガノ『ヘレンハウゼン』とペンステモン
『ミスティカ』を通して、低温下で深く染まる素敵な葉色を
楽しんでみてはいかがでしょうか。

P1160206_201705310912329e3.jpg

オレガノ ヘレンハウゼンの花
(*斑入りの葉はアベリアです。)

オレガノヘレンハウゼンの葉

紅葉した葉





↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

低温下で深い葉色に染まる素敵プランツから


ペンステモンも相当種類がありますが、よく知られて
いるのが『ハスカーレッド』という大型系ペンステモン
だと思われます。1mくらいに立ち上がり、初夏に淡い
ピンクめいた白花をほわほわと咲かせます。当庭では
昨年からこのハスカーレッドをやめ、『ミスティカ』という
品種に転向しましたが、ハスカーレッドとの大きな違いは
不明です。ハスカーレッドと比べて「草丈が大きい」だとか
「低温下の葉色がより鮮やか」だとかの記述も見えますが
観察してみて正直違いは不明で、本質はそう変わりは
ないかと思われます。以前にもお話しましたが、「名は
違えど本質は同じ」というものはいくつも存在します。
コーラとペプシ、ドンタコスとドリトスのようなものですね。

このペンステモン『ミスティカ』の魅力は、初夏の見事な
花立ちだけでなく、低温下で見せる美しい赤みがかったその
深い葉色です。小さいうちはアレンジの芯として使えますが、
とても大きくなるのでガーデン向きと言えます。秋を迎え
じんわり冷えゆく過程の中で、緑から赤葉に徐々に移りゆく
その素敵な葉色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

明日はこの続きで、オレガノ『ヘレンハウゼン』をご紹介します。




↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT