心々の庭/cocononiwa

    ■8月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
       ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                             (状況により休む場合も御座います)
       ●営業時間:10:00~17:00


    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウーリーを探せ!

先日別働隊が引っぱってきたラベンダー、何だか
少しずつなくなっていくんです・・・かつて私は何度も
挑戦したはずなのですが戦績不良でした。「あーあ、
またいれちゃったな・・・」と思っていたらここ数日
いくわいくわ・・・偏見はいけませんね、というより
ここ数年お花に対する偏見がなくなってきている
ように思われます。すなわちそれは販売側の偏見が
なくなることにもつながりますね。「あれは売れないから
いれない、これは売れないからやらない」というのでは
販売品の幅が広がっていきません。みなさんのご支援、
心よりお礼申しあげます。

私にあまりよく思われていないせいか、ウーリー君が
売場のどこかに隠れています。日々、その隠れ家を
変えているかもしれません。探してみて頂ければ幸いです。

では、     『ウーリーを、 探せ!』

そのうち「シャーリー」も出てきます。出てきたら「シャーリー」も
探してやってください。ちなみに「シャーリー」はフロックスです。













↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
スポンサーサイト

| お店のこと | TOP↑

≫ EDIT

風神のきまぐれ

植物の生長には[風のチカラ]が大いに関係
しているようです。気持ちのいい春のやさしい風、
屋根をも吹き飛ばす夏の暴風、夏の終わりを
告げる哀愁の秋風、冬の到来を告げる冷たい
木枯らし、風の表情は私と同じ、きまぐれです。

様々な表情を見せる風ですが、どうやら植物の生長を
バックアップしているようです。植物は昼間「葉から二酸化
炭素を吸収し光エネルギーを利用して必要な養分をつくりだす」
とのことです。「光合成」というものですね。同時に「酸素と
不必要な水を葉から排出する」とのことです。これが「蒸散」という
ものです。風も含めた空気の流れがこの「蒸散」を促進するというのです。
たしかに風がよく吹く日はとても乾きますし、つり鉢や壁掛けなどの
高い所にある植物は低い所にあるものよりも早く乾くような気がします。
また、「適度の風は株の締まりをよくする」とのことで、逆に「強すぎる
風は蒸散を促進し極度の乾燥につながり危険」でもあるとのことです。

「風通しの良い所」とよく耳にし目にしますが、ただ単に株にとっての
通気性を意味しているだけではなく、上述の意味も含まれているのかも
しれません。神話上の話の中で「アネモネの開花には風が関与している」
とか、「アネモネは風のない所では花開かない」などの記述が見られます。
余談でした。これが真実か否かは別として、風が植物の生長に何らかの
影響を与えていることは、古くより考察の対象になっていたようです。

空気の流れ、風の有無は植物の生育に重要な役割をもっているようです。
植物を倒したり当庭の売場の屋根を吹き飛ばしたり、かと思えば暑い中
私たちを救うかのような涼風をもたらしたり、とにかく気まぐれな風神ですが
植物たちの生長を見えないチカラで支援しているようです。

『明日は明日の風が吹く』、かつての私の上司の口癖でしたが、
当庭には明日、どんな風が吹くのかな。


↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

| PAGE-SELECT |