心々の庭/cocononiwa

    ※誠に勝手ながら、
      10月15日(日)は、お休みとさせていただきます。


    ■9月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                     (状況により休む場合もございます)
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

斑入りセダム フロスティーモーン


春の販売をひと足先に終えた私は、暑い夏を
迎える前にもうすでに秋モードに入っています。
ジギタリスのアプリコットの発芽も始まり、また
ヤシオネなどのさし芽の発根も始まっています。
しかしながらまだまだ販売は先の話で、7月の
猛暑、8月の酷暑、9月の残暑を乗り切らなくては
なりません。それと台風も・・・今しばらく暑さに強い
植物たちにがんばってもらわなくてはなりません。

今回ご紹介のセダム『フロスティーモーン』は
ベンケイソウと呼ばれる秋に出回るセダムの
斑入り種で、その葉の美しさゆえガーデンの
ポイントリーフとしてよく用いられているようです。
夏から秋にかけてホワイトピンクめいたやさしい
色合いの花を咲かせます。草丈40cmほどに
立ち上がり、水はけの良い日当たりの良い所を
好みます。寒さは全く問題ありません。冬期
地上部が落葉し、早春にその株元を見てみると、
なんともかわいらしげな新芽が顔をみせているのも
このベンケイソウ系プランツの醍醐味のひとつです。

ベンケイソウ系で最も注意すべき点は、葉の食害です。
6月前後にベンケイソウスガ(巣蛾)という蛾の幼虫が
糸を張りながら勢いよく食害します。初期の段階で
食い止めましょう。オルトラン粒剤(浸透移行性)などで
対処です。寄生される前に予防しておきましょう。
このベンケイソウスガの成虫は、白い体に黒いドットが
入り、青い目をしているとのことです。その記述には
雌雄は分からないがまるで〈貴婦人〉のようだとありました。
そんな容姿の蛾を見かけたらすぐにセダムをチェックしましょう。

暑い季節に涼しげリーフのセダム『フロスティーモーン』を
ぜひお使い頂ければ幸いです。






↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ
スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

| PAGE-SELECT |