FC2ブログ

心々の庭/cocononiwa

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

技ありが命取り


当庭の原木となっていたLのオレガノ『ヘレン
ハウゼン』が3年目をむかえかなり大株となって
いたため、今年の春庭におとした。春からどんどん
大きくなっていって7月頃ばらけてしまった。サイドに
フィソステギア『クリスタルピーク』とフロックス『ジェイド』を
意図的に配置していたが、大きく広がったオレガノに
飲み込まれてしまった。あれほど別働隊が密に植栽し
いろいろ埋もれる状況を目の当たりにしてきたのに
わたしも同様の流れになってしまった・・・(それでも
お互いに阻害をしないよう株間はそれなりにとって
いたのに・・・)。しかしながらその後サイドに広がった
オレガノの間から伸びてきたフロックス『ジェイド』が
開花、顔を覗かせた。『ヘレンハウゼン』の先端の
黒みがかったつぼみから飛び出す『ジェイド』の花色は
なんとも言いようのない素敵さであった。絡み合うことは
想定していなかったため、偶然がなした演出であった。
《技あり!》とも思えるが、風通しの悪い状況下で
フロックスがうどんこ病を誘発しないかただただ
不安だがまだ刈り込んでいない・・・早く刈り込んで
風通しをよくしておかなくては。

色の混植や対比は技ありでもあるが、ものによっては
命取りになることがあるので、危険をはらむ植物たちが
偶然素敵な空間をつくり出したとしても、取り除いて
しまったほうがいい場合もあるのかもしれない。

フィソステギアに関しては、埋もれてしまってほとんど
成長しなかった・・・常緑性・落葉性をしっかり踏まえ、
萌芽するタイミングも考慮しながらガーデンは施工
していかなければならない。

スポンサーサイト



| いろいろ | TOP↑

≫ EDIT

ペニセタムの『ルブラム』


送り込みがありました、秋前のいいタイミング
だったと思います。もう少し早くから準備できる
技術を身につけたいと考えています。

パープルファウンテングラス、これは品種名では
ないことを最近知った、間違った認識はすぐに
修正しよう。

ペニセタム・セタケウム『ルブラム』
~パープルファウンテングラス~
イネ科宿根草 / 中東アジア
耐寒性 弱 / 冬期半落葉性
《5℃くらいで紹介されています、完全室内型ですね》
耐暑性 強 / 日なた
花期 8~11月頃
草丈 ~80cm程 / 切花可

今春播きのペニセタム・ビロッサム~ぎんぎつね~は
発芽不良で失敗しましたが、来年用の小苗は秋に
少しだけできそうです、お探しでしたらご利用ください。
秋播きで来年用の育苗を試みる予定です。秋苗は
冬期管理に少し不安がありますが、秋から育てていくと
来年の開花がだいぶ早くなります、がんばって育てて
いくのもいいかもしれませんね。

| 入荷情報 | TOP↑

| PAGE-SELECT |