FC2ブログ

心々の庭/cocononiwa

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そろそろ来るか!クロウリハムシ


キキョウ科、ナデシコ科などが危ない季節が
やってきました、最近はちょっと暑かったせいか
まだあまり見かけていません。黒く小さな空飛ぶ
物体、そう、クロウリハムシです。ダイアンサス系、
シレネ系をはじめとするナデシコ科プランツ、
当庭ではダイアンサス・デルトイデス、シレネ
『スワンレイク』などが標的となります。それと
キキョウ、タイミングが悪く矮性桔梗アストラの
出荷が始まるタイミングでもあります。群がって
たかられるとあっという間に丸坊主です、ご注意
下さい。危険期間は9月いっぱいくらいです、
薬剤による忌避効果も見えますが、薬が切れると
もうたいへん、危険なものは集めて防虫ネットがけも
必要かと思われます。

彼らは土中に産卵し命をつなぐとのことです、
産卵させない努力が発生を抑制するものと
思われますが、いづれにしても彼らは飛ぶので
どこかから飛んでくるかもしれませんね。

必ず現れます、事前にご対策を。

スポンサーサイト



| いろいろ | TOP↑

≫ EDIT

イエローボンボン夏小町


オグルマというものが田んぼなどに生えて
いるようだが、これはその園芸品種らしい。
水を好む植物のようで、言われてみれば
他の植物に比べ水やりの回数が多いように
思われる、極度の水切れには特に注意する。
暑い夏前後に開花するため、切って使うには
いい花かもしれない。

イヌラ『夏小町』
キク科宿根草 / 日本
耐寒性 強 / 冬期落葉性
耐暑性 強 / 日なた
《鉢植えの場合はとくに強い乾燥に注意する、
田んぼのような土だとよく育つとの見解もある》
花期 7~9月頃
草丈 ~80cm程 / 切花可

つくり手は少ない。当庭育苗品としてはもう旧い
品種のため、今期より大幅に数量削減した、
20ポット程度なのでお探しならぜひ。

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

ウミガメの話


人間は生まれながらにして善なのか悪なのか、
そんなことが旧き時代からよく問われてきた。
人を思いやるやさしい感情の裏側に、ねたみや
恨み、そんな醜い感情も抱いてしまう、それが
人間の本性なのかもしれない・・・

巣から落ちた鳥の赤ちゃんを人の手で巣に
戻すことはよろしくないことと教えられてきた、
それにはきっと何か理由があるからだと思って
いた。以前巣から落ちたすずめを妻と娘が何とか
助けてあげようとしていたとき、私もチカラを貸す
ことにした。

今日動物のテレビ番組でウミガメの赤ちゃんの
特集がやっていた。生まれて海へ出ていってから
大人になれるのはわずか5000分の1ほどという
ことだ・・・生まれてから海に出ていくまでの時間は
30分くらいかかるとのことだが、その途中には
さっそく厳しい試練が待っている。カモメやカニと
いった自然の摂理はどうにもならないとしても、
人間がつくり出してしまっている必要性の感じ
られない試練については、ただただすまない
という一言しかない・・・

ウミガメの赤ちゃんは夜に砂上へ出て海へ向かう
とのことだが、これは少しでも危険を回避するために
備えたチカラなのだろうか?強い光を感知して海に
向かうとのことだが、水面にキラキラと映る月明かりが
手助けになるのだという。生まれ出た最後の1匹が
近くの自動販売機の強い光に反応してしまった・・・
そこには思いもかけない展開が待っていた、! 
なんと監察員たちが手を差し伸べたのだ。

ウミガメの赤ちゃんを取材している方の口からは
『がんばれ・・・がんばれ!・・・』という言葉しか
出ていなかった。悪しき部分が日々多々見えて
しまうこんなご時世でも、人の本性はもともと善なの
だとそう思いたいものだ・・・

| いろいろ | TOP↑

| PAGE-SELECT |