FC2ブログ

心々の庭/cocononiwa

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ご案内


当庭内記載はしておりませんが、トレーにて
お持ち帰り200円商品組合わせ自由10点
2000円のところ1500円でお持ち帰りして
頂いております。200円商品ならなんでも
組合わせ自由というところが重視されるべき
ところです、1500円ほどのご予算がありましたら
ぜひこの企画をご利用ください。商品につきましては
《2019市場外商品只今販売中》をご覧頂ければ
幸いです、ご来庭をお待ちしております。

スポンサーサイト



| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

黒軸の赤(ブライトレッド)


エキナセア『シャイアンスピリット』、数年前より
出荷が目立つ暖色系のエキナセアだ。黄色、
オレンジの花色が多く含まれるため、登場当時は
画期的な品種だったのかもしれない。

その中にひとつ、私の気になる色が存在した、
伸びる花茎がやや黒めいていて、ピンクではない
赤系の花だった。『シャイアンスピリット』の花つき
出荷品の中にあまり入っていない色のため、
なんとか当庭で準備できないものかと考えてきた。
株が小さいうちは挿し芽や株分けでやってみたが
なにぶん数がまとまらない状況で、昨年はそこそこ
大株になって花数も増えたのでタネから育苗して
みることにした。エキナセアも経験的に葉色が花色を
反映するようで、育苗品の中に白・黄色系を思わせる
葉が緑白色の株も率はかなり低いが出現した。やはり
これもタネからでは安定はしないものなのかもしれない。

今秋は少し数がまとまりました、葉色はおおよそが
色づいていて、スタートとしてはとりあえずは善しと
言えるでしょうか。ピンク系の可能性もあるので、
今期は花色テスト品となりますが、ご興味があれば
ともにテストしてみて頂ければ幸いです。

エキナセア~黒軸赤系からのとり播き花色テスト品~
キク科宿根草 / 北アメリカ
耐寒性 強 / 冬期落葉性
耐暑性 強 / 日なた
花期 6~9月頃
草丈 ~50cm前後 / 切花可

エキナセア『シャイアンスピリット』のセットの中に
赤系があまり入っていないということは、タネからの
育苗の場合この色の出現率が低いということなのかも
しれませんね・・・そうなると根伏せも覚えなければ
ならないな・・・

| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

エキナセアについて少し


エキナセア・パープレア、ムラサキバレンギクと
呼ばれるキク科の宿根草だ。検索ではいつも
シャイアンとともにあったハーブとしても紹介
されている。

私が駆出した時、花市場流通はエキナセアの原型
パープレアとときに白花を見かけるくらいだったが、
近年様々な品種と花色が出現している。花市場流通と
しては、とくにカタログ系の品種の流通はまだまだ少ない
ものの、黄色系、オレンジ系に関しては比較的容易に
手に入るようになってきている。

今春オステオスペルマムのダブル咲き系の流通が
グンと増えたのにともない、エキナセアのダブル系も
増えるのではないか?と推測していたが、残念ながら
そのような展開には至っていない。しかしながら数年前より
少しずつではあるが、カタログで見かける品種の生産が
始まってきている様子も見受けられる。このようなカタログ系
品種が末端まで下りてくることは、ひょっとするとそう遠い日の
話ではないかもしれない。

かつてオレンジのエキナセアをテスト育苗してみたことが
あるが、咲いた色がほぼピンク系だったことがある。
タネからでは花色が安定しないもののひとつのようだ。
当庭でも意図的につくり出したい色をタネから育苗
しているが、花色が安定しない以上花が咲くまでは
花色テスト品の域を出ない。

エキナセアには自社で生産できない品種が多い、
とくにダブル系やカタログ系品種に関しては、
花市場への出荷が増えてくるよう願っている。

| 市場外商品 | TOP↑

| PAGE-SELECT |