心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

イエロードラムスティック


・・・きっとスカビオサの『ドラムスティック』を連想
された方が多いことかと思われます、ごめんなさい、
クラスペディアのことでした。

クラスペディア・グロボーサ、美しい銀葉に黄色の
かわいらしいボンボン花を咲かせる意外とつくり手の
少ないお花のひとつです。『ゴールドスティック』という
品種名で出回ることがあります。グロボーサとは
《丸い》という意味で、最も身近なところのものでは
ゴンフレナ・グロボーサ、千日紅が挙げられます。
高温多湿を嫌うため夏越しが難しく一年草記述される
ことがよくありますが、近年よく夏越しの報告が入り、
また寒さに弱い記述がありながらも冬越しの情報も
よく入っています。このことからもわかる通り、一年草と
宿根草の厳密な境界が把握しにくくなってきているものも
出てきています。例えばペチュニア、とにかくよく咲き
ますね、暖地では今頃でも咲いていることでしょう。
先日遠方の方より『ついにペチュニアを・・・』という
メールが届いた時、「暖地でもついに枯れたか・・・」
と思ったら、『屋内に入れました』とのことでした・・・
アゲラタムやニチニチソウも原産地では多年草で、
冬のある日本では冬越しが難しいため一年草扱いと
なるんですね。北海道ではパンジー・ビオラが普通に
夏越ししてしまう、秋のナスタチュームがすごいこと
すごいこと、一年か多年かは地域の気候に大きく
左右されるということですね。

愛称《イエロードラムスティック》ことクラスペディア・
グロボーサ、お使い頂ければ幸いです。


P1190840.jpg

クラスペディア・グロボーサ
キク科宿根草 / オーストラリア
耐寒性(霜よけ、場所によっては降霜下でも育つ
     場合がある) / 冬期常緑性
耐暑性(中) / 日なた(夏明るい半日陰)
花期  初夏~夏
草丈  ~100cm / 切花可

この花後の実は自然にボロボロ崩れない痩花(そうか)と
いうもので、ドライフラワーによく使われるとのことだが
もともと切花業界から苗ものへと降りてきたもののよう
である。昨年の春に年数を追ったクラスペディアを見る
機会が偶然あったのだが、それはもう見事な株であった。
15本から20本はゆうに上がるに違いないと思った。
私の宿根しているクラスペディアといえば・・・語るのは
やめておこう・・・・・・
             気をとりなおして・・・
なおスカビオサ『ドラムスティック』については昨秋
発芽不良でしたが、ありがたい後方支援により
今秋より生産品に加わる予定です。まずしっかり
大きくしてタネをたくさん採ること、発芽不良を考え、
挿し芽でも少し用意しておこうと考えています。



スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT