心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

女神に愛されし情熱の花

ふたりの女神さまに愛された幸せな花、アドニス。カタログ
等で見かけることはありますが、流通はとても少ないお花の
ひとつです。小さな赤い福寿草のような花で、初めてこの花と
出会う方にはちょっとドキッとして頂ける素敵花だと思われます。
4~5年くらい前、花市場で偶然めぐり会ったときは私もドキッと
させられました。その時は見事競り負けて持ち帰ることができず
悔しい思いをしましたが、その年の秋にタネの販売が偶然あり、
今では当庭の主力一年草系プランツとなっています。

お正月前後に出回る黄花の福寿草も学名はアドニスで、
当庭の扱う赤花のアドニスは通称夏咲き福寿草と呼ばれ、
学名アドニス・エスティバリス、エスティバリスは《夏の》と
いう意味である。しかしながら秋播きで育てる場合開花は
4月頃からでだいたい7月頃には終息する。だから夏咲き
福寿草とは言い難い面もある。低温に当たらないと花芽を
形成しない習性があるため、春播きではいい結果が残せない
だけでなく、咲かない株が出てしまう恐れがあるのでご注意
されたい。

耐寒性はとても強いほうだ、過湿に注意すれば基本的に
大きな問題はないだろう。キンポウゲ科ということもあり
見栄えが千鳥草やニゲラと似ている、お客様から『何か
珍しいものない?』と問われたときに、珍しくもないのですが
「流通少ない素敵花ですが育ててみませんか?」とアドニスを
すすめると『ニゲラはいらない・・・』ということになる・・・
別働隊がつくった寄せ植えには『素敵ねぇ・・・素敵、素敵ねぇ、
素敵だわ』と4回も素敵という言葉が出てくるのに、わたしの
つくる寄せ植えには1回出てくればいいほうである・・・はぁ・・・
また愚痴ってしまった・・・アドニスの紹介だった・・・

女神アフロディーテに愛されし、いや、私に愛されし
情熱の花アドニス、お使い頂ければ幸いです。

P1190394.jpg

アドニス・エスティバリス
キンポウゲ科一年草 / ヨーロッパ
耐寒性(寒冷地は霜よけを) / 冬期常緑性
耐暑性(弱) / 日なた
花期  春~初夏
草丈  ~50cm程

アドニスは風神の花アネモネと深い関係がある。
神話上のおはなしだ。アドニスとアネモネが
私の中に深く根づいているのはやはりこの
神話の影響が大きいのかもしれない。アネモネは
風の使い、アドニスは情熱的な火を司るのかな。
人間には属性というものがある、占星術の世界かな?
個人的見解だが私の属性は《火》だと思っている。
昔からすぐに熱くなるところがあるからだ、だから
わたしのつくるアレンジも情熱的で暑苦しい、かの
名ガーデンデザイナーが言うには《色を使い過ぎる》
ということだ。《赤い色》、情熱的な花色、しかしながら
彼女が言うには、西武ドームにおける敗因のひとつと
して『暖か味のある《赤い色》が足りなかったのでは
ないか』という指摘を彼女の恩師から頂いたという
ことである。

赤や黄色が嫌がられる風潮が強くなってきているように
感じられるこのご時世にも、また情熱的な花色を扱う私の
アレンジの領域にもそれなりの存在意義があるのかな。

『暑苦しくなるか暑苦しくならないかは、あなた次第です』
                       ~田野の花物語~




スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT