心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■4月の定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

蝶のような形花

先日ご紹介した蝶のような形花、イベリス・
ウンベラータ、色不定苗ではありますが
出動します。何が蝶々かというと、外側
2枚が大きな花びらで内側2枚が小さな
花びらなので、蝶のように見えるのかと。

イベリスというと宿根草のセンペルビレンス種を
思い浮かべますが、本項紹介のイベリスはかの
《キャンディタフト》の愛称で知られる一年草系の
イベリスです。花が砂糖菓子のもり上がりに見える
ところからの命名のようで、原産はスペイン・イベリア
半島に多く自生しているところから《イベリス》と名づけ
られたとのことです。

耐寒性は強いほうですが冬期は霜よけで紹介されて
います。砂礫地のような場所に自生しているため、
水はけが重要視されますが、アブラナ科ということも
あり極度の水切れには注意しなければなりません。
≪水はけよく保水性ある土≫との記述が見えます、
これは一見矛盾するように感じられますが、この矛盾を
見事調和する技術を体得したならば、アブラナ系をはじめ
こういった植物を上手に管理することはたやすいことと
なるでしょう。

このウンベラータ種はとくに花色が豊富とのことです。
赤系、ピンク系、白、紫系と色幅があるのかもしれません。
色不定苗ですが、茎色が強く赤みがかるのと、弱いのと、
緑白色なのがあります、漠然とした判断基準になるのかと。
かわいらしい花形と色合いをお楽しみ頂ければ幸いです。

イベリス・ウンベラータ
アブラナ科一年草 / 南ヨーロッパ
耐寒性(霜よけ) / 冬期常緑性
耐暑性(弱) / 日なた
花期  春
草丈  ~30cm程 

品種は不明です。有名な『キャンディケーン』は
60cm程の高性品種ですが、30cm程の矮性
品種に『フェアリー』なるものがあるようですが、
本品種はその流れになるのかな?

高性品種は摘芯の繰り返しで花数を増やしますが、
本品種は矮性品種のため少ない摘芯でも分枝しそうな
感じがしますが、摘芯したほうがいいとのことです。
花は4月頃よりとのことですが、矮性品種のため少し
早く咲いてくるかもしれません。

最後に注意点があります。通称≪曲がり花≫と
呼ばれるように、太陽を向く性質が強く花茎が
曲がりやすいとのことです。とくに鉢植えで育てる
場合、光が足りない場所に置いたり、風で倒れた
ままにならないよう注意しなければなりません。
「ほうっておくと・・・・・・[怖い感じで私がささやく]」

『ほうっておくと?・・・』

どうなってしまうかはもうおわかりですよね・・・   



                                   
スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。