心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■4月の定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

いたずらにいじるな、ほうっておけ

休眠した植物の枯れた葉やちょっとだけ葉痛み
した部分、株元付近にあるきたなく見える葉などが
気になって仕方なかった私、また土の中に隠れて
いるつぼみや新芽を確認したくて確認したくて
仕方のない私。それと挿し芽が発根しているか
気になって気になって仕方ない私、枝が伸びて
いると挿したくて挿したくて仕方のないわたくし。

スタンバイ中のアネモネ・フルゲンスの株元に
つぼみの形成が始まっている。全てではないが
まだつぼみが確認できていない株元の土の中が
どうしても気になるがいたずらにほじくっては
ならない。つぼみを欠いてしまうことがあるからだ。

スタンバイ中のアキレア『ダブルダイヤモンド』、
ハウス管理していないから地上部はボロボロだ、
がしかし、土の中から新芽が出はじめてきている。
もっと見たくなるシチュエーションだが「いたずらに
いじるな、ほうっておけ」としきりに自分を戒める。
時が来れば痛んだ部分が自然にポロッととれる
ときが来るのだから。

冬期ハウス内で管理するものについては、
ハウスに入れる前にしっかり傷んだ部分を
掃除しておかなければならない、カビが発生し
腐食が始まるからだ。戸外で自然に任せる
場合はとにかくそのままにしておこう。いたずらに
いじって植物の自然の生育を阻害してはいけない。
出来上がろうとするものをかえって遅らせることに
なってしまうから。

『自然に任せろ』とかつてフランスの植物学者が
唱えたが、それは植物の健全な生長にだけでなく、
人間の教育にも必須のことなのだと。自然の領域を
逸脱するとそれ相応の代償が必ず発生してくるものだ、
何を言うかというよりも何を言わないべきか、何を
すべきかというよりも何をすべきでないかを考えるのも、
とくに子どもの教育には必要なことなのかもしれない。



スポンサーサイト

| いろいろ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。