心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■4月の定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

各々の形、各々の道


明日は雪の予報が出ています、みなさん車の
運転等にはくれぐれもご注意ください。

そんな予報がでているというのに今日も我が
部隊員を連れていってくれたこと、心よりお礼
申し上げます。まずラベンダー『グロッソ』、愛称
≪遊べるラベンダー≫、ラベンダースティックに最も
使いやすいとされるラバンディン系ラベンダーだ。
そしてアークトチス・グランディス、ネモフィラ~ブルー~、
数年前この方がアネモネ・フルゲンスの球根を私に
『つくってみたら』と提供してくださったのがフルゲンス
生産の始まりとなった。一般種と違い葉が緑白だからと
いって白花ではないということを教えてくれたのもこの方
だった。日当たりのいい場所でアカシアの花が少しだが
開いたという、春めいた便りだ。とても経験豊富な方のため、
今日お持ち帰り頂く苗に関してはさほど心配はしていない。
以前よりいろいろとご指導・ご支援頂いている、心よりお礼
申し上げたい。

そして素敵なリーフオキザリス『孔雀の舞』、魅惑の
エスコルチア『ローズシフォン』、異型の花セントーレア・
モンタナ、それとガイラルディア・プルケラ、ハウス型
とのご説明を加えたがそれでも連れていってくれると
言ってくれた。年末に連れていってくれたリムナンテスが
全く問題ないという、安心した。ガーデンにアプローチを
つくり素敵に植えていくという、シレネ『ドレッツバリエガータ』
をアプローチの戦列に加えてくれたという。きれいな斑入り葉と
ピョンと伸びた白いかわいらしいお花が素敵に出迎えてくれるに
違いない。

そしてイベリス・ウンベラータ、ハウス型とのご説明でも
連れていってくれると言ってくれた。シノグロッサム
『メモリーマリンブルー』、ミオソティス『モナミブルー』、
オルラヤ『ホワイトレース』、ギリア・レプタンサ~ホワイト~、
それとピンクのシノグロッサム『メモリーピンク』、こぼれて
自然な感じの雰囲気となるようなお庭づくりにチカラを
注いでいるという。最後にデージーのようなかわいらしい
お花も加えたいというお話があったが、当庭では現状
イングリッシュデージーを持っていなかった。お役に
立てなかった、それは私の偏見が招いてしまった結果
である・・・チカラ至らずお許しください・・・

当庭の青い苗を連れていってくださったみなさまには
「現状下で何か問題が生じてしまったものはございま
せんか?」というお声がけにみなさん『今のところは大丈夫
だよ』と答えてくださっている。本当によく管理してくださって
いるとホッとしていますが、やさしさからそう言ってくださって
いるのかもしれない・・・この寒い中、こういった苗を販売する
ことに関して迷いがないわけでもありませんが、こういった
道もあるということを示していくのが私のでき得ることのひとつ
でもあり、また存在意義でもあるのだと考えております。もし
当庭の苗に何か問題が生じてしまっているとしたならば、
心からお詫び申し上げます、しっかり低温で管理し、そうそう
簡単に挫けることのない強い苗に仕立て上げるために日々
努めて参ります。

最後に、只今当庭でおこなっている当庭育成花なし苗
お買上げにともなうお試し品お持ち帰りという企画、
こういった件に関しましてはいろいろなお考えがある
ところとは思われますが、これはこのような時期に
当庭の青い苗をお求め頂きましたことへの当庭の
お礼の気持ちのひとつのかたちでございます、
お気遣いはとてもありがたいのですが、サービス品を
おつけすることができるときには、どうか何もおっしゃらず
お受け取り頂ければ幸いに思うところでございます。

いろいろな形や道があっていいと思う、それがもっと
認められ、受け入れられるべきだと思う。若き日より
強く感じていることだ。何が一番か、何が素晴らしいか、
どういう道をいくべきか、それは決して人が決めること
ではない、各々が自分で決めることなのだ。各々の形、
各々の道がそれぞれにあるのだから。



スポンサーサイト

| いろいろ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。