心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

守れ! ~あの時、それは今この時~


ドキドキしながら小ハウス開放をおこなおうと
思ったが、今日も思いのほか空気が冷たかった
ので、側面開放しながら1棟ずつ開放・点検整理
した。何よりも心配したのは茎の凍裂症状だ。
この症状は太い茎や伸びた茎葉に現れることが
多い。以前にギリア・レプタンサ、宿根リナリアに
生じた凍裂症、今年はヘリオフィラに発生、バック
小ハウスで生じたヘリオフィラの凍裂部を今日
切除した。下部が今後頑張ってくれることを願う
ばかりである。チェック中、ゲラニューム『ホワイト
ロビン』とペラルゴニューム『イオカスタム』の
伸びた葉に凍裂を確認、これは葉の切除で
済んだのでよかった。それとストック、これは
私の練習用だが、全部ではないがこれには
重症のものがあるかもしれない。4月頃千葉を
想わせる彩りと香りで皆様をお迎えしようと密かに
計画していたが、ダメかもしれないな・・・

細かい所までは見れなかったが、大まかな凍裂
症状はこの程度である。先日水戸でマイナス8℃を
記録したが、0、1ミリハウス内での大きな痛み・弱りは
確認できなかった、とりあえずホッとした。

しかしながら販売品の中で重度のダメージを
受けたものがある。管理ハウス内で凍った
パンジー・ビオラだ。凍った後融けない状態で
冷たい風に当たって夜また凍る、この繰り返しで
もう戻れなくなっているものがある。入荷した
ばかりのものではない、もう12月より寒さに
当たってきたものでもそうなのだ。今年は特別だ
というのは理由にならない、これは明らかに管理
ミスである。管理場所の日当たりとビニールの厚さの
問題だ、今年は特別なのかもしれないが、今冬より
夜間の商品の管理ヤードを別場所へと変更する、
もちろんビニールの厚さも。

12月に入荷した花かんざしの花首も少しやられた。
スノーランドのまだやわらかかったものも少しダメージを
受けている。みなさんにはとくに促成ものに関しての
徹底した守りを切にお願いしたい。

これだけ寒くても花をしっかり守ることはできる、
『あの時こうしていれば・・・』と後になって多々
後悔することがあるが、≪あの時≫というのは、
それは≪今この時≫なのである。

この報告がお花を守るうえでのなんらかの
お役に立つのであれば幸いです。





スポンサーサイト

| いろいろ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT