心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■4月の定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

美しい色がのるタイミング

12月前後に入荷したタイム『フォックスリー』の
葉の先端部にきれいな色がのってきた、霜の
直撃が回避できれば地上部は落葉しない、
当庭では寒さに強いピンポイントアレンジリーフ
として扱っていたため、落葉せずとてもいい状態だ。
春から秋にかけての葉色に見慣れているためか、
低温期に見せるなんとも言えない赤みがかった
この葉色には個人的にとても魅かれる。《早春の
はつゆきかずら》とでも言えようか、とても美しい。
タイムにもそうとう種類があるが、私が個人的に
このフォックスリーに惹かれれているため当庭の
準備品のひとつになっている。出現当初は《フォックス》
の名がきつねと関係しているものと勝手に思い込んで
いたが、全く関係はないようだ。北の大地に生きる野生の
狐のあの鋭いまなざしとたくましさが名の由来であれば
私としてはうれしかったのだが。

アベリア『コンフェッティ』もまるで絵具で塗られたような
美しい色合いになっている。また、ほぼ落葉中だが
フロックス『モントローザトリカラー』もなんとも芸術的な
色合いを見せている。パンジーやビオラも現状深い
花色と化しているが、現状低温期ならではの美しい花色・
葉色がのるタイミングにさしかかっていると言える。

当庭育苗中の第2波のフォックスリータイムは
3月上旬頃を予定しています。アレンジ用に小さく
つくりながらガーデンでも使えるような形で仕上げて
いこうと思っています。





スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。