心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

遅れたものから ~青紫のボンボン花~


昨秋発芽のかなり鈍かったギリア『レプタンサ
ブルー』、ようやく上がりました。まだ少し小さめ
ですが生育は早いほうなのでご安心を。

昨秋9月末に播種したレプタンサホワイトは
ばっちり発芽した。播種時期の問題では
なかったのだ。ギリアに関してはトリコロールも
発芽不良で、こんな年もあるのかなと思った。
アグロステンマ『オーシャンパール』が発芽不良
だったが、これは覆土が少し厚すぎたことが
原因だった。シレネ『ピンクピルエット』の発芽も
よくなかったので、発芽しなかったときはすぐに
タネをとりよせなければならない。でないと無駄な
作業で自分の首をしめることになる。

昨年の大ガーデニングショウにも使われた
かわいらしい青紫のボンボン花、お使い
頂ければ幸いです。

ギリア『レプタンサブルー』
ハナシノブ科一年草 / 北アメリカ西部
耐寒性(霜よけ・ハウス型) / 冬期常緑性
耐暑性(弱) / 日なた
花期  春
草丈  ~60cm程 / 切花可

白花からのとり播き品はすでにモリモリだ、
しかしギリアは凍裂症状が出るもののひとつ
なので、極寒期にあまり大きくしないほうが
いいかもしれない、とくに寒冷地においては。
こぼれダネで出たものはそのまま冬を越して
しまうことがある。寒さには強いほうだと思う。
株元付近の少し伸びたところが茎割れするので、
初冬から育てこんでいく場合はそういった点に
注意したい。

それと、これはタネ播きのスペシャリストが
言っていたことだが、花がついていない苗の
状態で白と青紫の判別ができなくもないとの
ことである。観察してみると確かに白花のほうは
葉の吹き出し部分の黒みが少ないような気がする。
ネモフィラのホワイトとブラックの葉に入る斑点も
そうだ。しかしながら絶対とは言い切れない、
だから販売の観点からいうと、購入できるものは
購入したほうがいいということだ。種苗会社が
販売しているタネはおそらく統計学見地から
しっかり遺伝子検査されているものと思われる、
いやされていなくてはならない。そうでないと
咲いたら色が違かったということが頻繁に起きて
くるからだ。

・・・またいつもの悪癖が出た、このあたりで打ち
切ろう。考察したい続きについては次項でまた
長々と記述することにしたい・・・





スポンサーサイト

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT