心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

おわび バージニアストック『パールピンク』について

バージニアストック『パールピンク』についての
おわびがあります。当庭にてお買上げ頂きました
花なし苗が、咲いたら白花であったということで
まず心よりおわび申し上げます。当庭においても
微量ですが白花、それとピンク花を確認しております。
花なし苗を扱うものとしての責任を果たすべく、ここで
少しご説明させて頂ければと思っております。

昨年2月21日に入荷しました白に近い淡い桃色の
バージニアストック(写真掲載品)が当庭の生産原木に
なっているのですが、花市場の発行伝票が(パール
ピンク)となっていました。最近まで私は、これが品種名
ではなく単なる花色分類だと思っていましたが、検索
してみるとこれが品種名であることがわかりました。
ジャパンガーデンネットというところでも紹介されていて、
かつてはバージニアストックに関しては品種は存在して
いないということでしたが、この『パールピンク』はその後
交雑でつくられた一品種かと思われます。

入荷時の記憶ははっきりとしていませんが、色合いと
してはこの白に近い淡いピンク系がおおよそで、多粒
播きになっている株もありその中にピンク花が少し
混じって咲いていたのも記憶しています。これは
2月21日掲載写真からもわかることです。当庭では
バージニアストックのタネからの育苗は初めての
ため、ライトピンク系からのとりまき品として紹介販売
してきましたが、品種としてパールピンクの存在の
確認がとれたため、ライトピンク記述から『パール
ピンク』からのとりまき品記述に変更しています。

当庭でも昨秋は多粒播きで育苗していてすでに開花が
始まっていますが、咲いているもののおおよそが『パール
ピンク』が咲いていますが、若干白花、ピンク花が出ています。
昨年入荷したパールピンクが純粋パールピンクで、当庭が
それから育苗したものがその子(1代目)とすると、遺伝の
法則によりパールピンクの交雑親となった色が若干出て
くるのも当然のことでありました。今回当庭がおわび反省
および今後のために学ばなければならないことは、ライト
ピンクからのとり播きという記述だけでなく、低い確率で
違う花色も咲くということを≪しっかり明示≫しなければ
ならないということです。

色の感覚については育ってきた環境により各々異なる
ものですが、市販の絵具や色鉛筆の定義に慣れてしまって
いるため、私たちの中に固定の共通観念ができているのも
事実かと思われます。したがってそれに極力したがって
花色を紹介していくべきなのかもしれません。以前に
≪~ブルー表記の実際は紫花≫についての記述を
したことがありますが、はっきり言えない微妙な位置に
ある花色の表記をどうしたらいいかというところも
注意しなければならないところのひとつです。

このバージニアストック『パールピンク』の花色は
ライトピンク系なのかホワイト系なのか、咲き進むと
完全に白花だと思われます。ただ、つぼみが大きく
なってくるとつぼみの色と咲きはじめは、これは
白ではなくやさしいピンク花です。また白花の
つぼみは観察してみるとピンクを帯びない白でした。

正直このバージニアストック『パールピンク』は
ピンクとついているのでピンク花を連想して
しまいますが、実際は白花と変わらないような
色合いで誤解を招いてしまう可能性があるお花の
ひとつかも知れません。アグロステンマに『桜貝』
というものがありますが、これも同じような問題を
起こしてしまうものかもしれません。

この度ご連絡頂きましたお客様には心より
お詫び申し上げます。このようなことになった
にもかかわらず、おやさしいお言葉を頂きました
ことに心よりお礼申し上げます。また、わたしの
見えないところで同じような案件が起きている
ことにつきましても心よりお詫び申し上げます。
でき得る限りの善処の準備がございますので
どうかお許し頂けましたら幸いです。

こういった問題を未然に防いでいくためにはただただ
勉強と経験を重ねていく以外にはないものと思って
おります。誠に申し訳ございませんでした。






スポンサーサイト

| いろいろ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT