心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■11月定休日のお知らせ
      誠に勝手ながら、
      仕入れや店舗外作業のため、不定休とさせて頂きます。
      ※臨時休業の場合は、ブログにてお知らせ致します。  

     
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

すてきプランツから ~ダイアンサス ブラックベアー~

ダイアンサスとはなでしこの学名で
数多くの品種が存在し、世界におよそ
300品種ほど分布しているようです。
四季咲き性のかわいらしいダイアンサス
テルスターや日本原産の河原なでしこ
などがよく知られる所で、多くのファンを
持つお花のひとつにもなっています。
特に開花期を迎える春には多くの品種が
出回りますが、中にはナッピーやデルトイデス
などの流通が少なく見慣れぬダイアンサスにも
巡り会う時があります。

赤黒い花色で知られるブラックベアーは
ダイアンサスバルバトスと言われるひげ
なでしこの中の一品種で、その素敵な花色
ゆえに多くのファンを持つダイアンサスの
ひとつになっています。南ヨーロッパ原産の
強耐寒性宿根草(常緑性)で、暑さ寒さに強く
草丈40㎝程に花茎を立ち上げ開花します。
しかしながら株が大きくなってくると、高温時に
株内の風通しが悪くなり蒸れて腐りやすくなる
ので、花後不必要な水やりは控え、切り戻しや
株分けでしのぎましょう。耐暑性はありますが
高温多湿を嫌うため夏期日なたでしのぎにくい
場所であれば半日陰で管理するか、タネで
生命をつなぐのも手かと思われます。タネまきは
播種が遅れると翌年咲かない株が出る場合が
あるので遅くとも8月下旬までに播種しなければ
ならないとのことです。

このブラックベアーのもう一つ魅力は葉色変化で
低温下で緑葉が黒葉に変化していきます。中には
個体差で黒葉になりにくい場合もありますが、
当庭では黒葉からの採種・播種で育苗し、後ほど
低温時に黒葉苗を選抜販売しています。

近年ブラックアダーやスーティーブラックといった
類似品種の花つきが出回るようになってきて
いますが、ブラックベアーの方が若干花が黒み
がかっているとの見解もあり、ブラックベアーの
花つきにはなかなか巡り会えない状況です。
当庭で販売中のブラックベアーはまさにその名の
通り素敵な黒くまちゃんと化しています。ぜひとも
みなさんにもこのダイアンサスブラックベアーの
低温期のシックな葉色を楽しみながら、じっくりと
素敵な花を待ってみて頂ければと密かに願って
います。



スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT