心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■営業時間:10:00~17:00
     ※6月25(日)はお休みとさせていただきます。

    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

半日陰地の緑化に ~斑入りセリ フラミンゴ~

半日陰地の緑化に何かお探しになられて
いる方がいらっしゃいましたら斑入り葉セリ
フラミンゴがお役に立てるかと思われます。
観賞性の高い斑入り葉で、高温期は緑葉に
白い外斑が入り半日陰地を明るく涼しげに
演出してくれます。

学名をオエナンセ ジャヴァニカと言い、
個体名がフラミンゴで、ピンクバリエガータ
という名でも出回っています。日本原産の
湿生植物で日本全国の湿地に自生する
セリの斑入り種とのことです。耐寒性強く
強霜下では落葉しますが、春には再び
きれいな姿に戻りゆきます。耐暑性も強い
ようですが湿生植物のため乾燥には注意が
必要で夏期は半日陰地での管理が
いいようです。一年を通して半日陰でもよく
育ちますが、時折ふきだす緑葉は取り除き
きれいな斑入り葉を維持しましょう。
別種エゴポデュームは地下茎で増えゆくのに
対し当フラミンゴは主にランナー(匍匐枝)で
増えていくためグランドカバーにはおすすめで
茂りすぎたら刈り込んだり株分けして整姿します。
また湿生植物のため水草としても利用できるとの
ことです。水もちのいい土壌ほど生育はいいようです。
初夏に30㎝ほどの高さの白い花を立ち上げます。

フラミンゴの最大の魅力はなんといっても
低温化で見せるピンクがかったその葉色で
霜の回避ができれば完全落葉せずに極寒期には
深く染まったシックなダークピンクのすてきな
色合いも楽しむことができます。寒さにとても
強いため近年カタログなどでパンジー・ビオラ
などを引き立てる名脇役的なリーフとしても紹介
されていることがあります。

そんな斑入り葉セリ フラミンゴが半日陰地の
緑化にお役に立てれば幸いです。


スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT