心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■営業時間:10:00~17:00
     ※6月25(日)はお休みとさせていただきます。

    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

ラグラス オバトゥス 近日終了します


P1190470.jpg
*穂が写真より長くなる事もあります。

ここ数年お問い合わせ件数が多いほう
だったので毎年つくり続けていますが
おととし昨年と販売戦績があまりよくない
ため、今季は減産しています。

近年花市場でも花つきを目にすることが
多くなったような気がします。その愛称の
とおり〔うさぎのしっぽ〕のような花穂が
かわいらしく、季節が来るとちょっとおそばに
おいておきたくなるのかもしれません。

学名はラグラスオバトゥスで、地中海沿岸
地方原産のイネ科の耐寒性一年草です。
こぼれダネでよく増えるため生命をつなぐのは
容易ですが、増えすぎないように注意しましょう。
また、ドライフラワーにたくさん使いたい方は
花が咲いてくる前にできるだけ株を大きくして
おきましょう。耐寒性が強く秋からじっくり育て
られるため、春には草丈60cmくらいの大株に
仕立てられ、かわいいうさ子がいっぱいつきます。

ラグラスで一番よくあるお問い合わせは花穂の
長さについてなのですが、花穂が伸びる品種と
伸びない品種があるとかで、当庭でもそれに
ついては調べてみました。春によく見かける
「バニーテール」はラグラスの草丈と花穂の
伸びない品種で、草丈30~40㎝くらいで
花穂が3㎝くらいとの紹介がありました。
サカタのタネのラグラスの紹介は草丈~80cm
とあるので、「バニーテール」ではなく草丈も
花穂も伸びるもので、花穂の伸びは5㎝くらいと
ありました。私の観察では高性ラグラスも低温下
では花穂は短くうさぎのしっぽのようで、気温の
上昇とともに花穂が伸びてくるものと思われます。
現にサカタのタネのラグラスのパッケージの写真は
花穂が長く伸びていますが、4月頃の咲き始めの
花穂はうさぎのしっぽのように丸く短く、6月頃の
終息期には同じ株において花穂がかなり長くなる
からです。ラグラスについてのお問い合わせでは
多くの方が花穂が伸びない「バニーテール」の方を
お求めのようなのですが、サカタのタネのラグラス
紹介項にて別称「うさぎの尾」と記述されているのが
花穂の長さについてお問い合わせが多くなってしまう
理由なのかもしれません。

かつてイネ科プランツは雑草のような扱いを受け
受け入れられる側と受け入れられない側がはっきり
分かれ需要の少ないもののひとつでしたが、
ホルデュームやミューレンベルギアをはじめとする
すてきプランツの登場で、近年多くの方に見直され
つつあるようです。

今春のラグラスの販売は50ポットほどと少なめ
でしたが、イネ科プランツを受け入れられない方にも
このラグラスを介してイネ科プランツの素敵な世界へ
踏み込んでみて頂ければと密かに想っております。


スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT