心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ※誠に勝手ながら、
      10月15日(日)は、お休みとさせていただきます。


    ■9月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                     (状況により休む場合もございます)
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

異様な色彩をはなつ植物から ~ブラックレースフラワー~

~赤茶色のレースフラワー~

ブラックレースフラワーc

レースフラワーというとまず想い浮かべるのが
ホワイトレースフラワーかと思われます。
ホワイトレースフラワーとは通称で、よく知られるものが
4品種存在します。短い丈で近年よく知られている
オルラヤ「ホワイトレース」、ダイナミックに立ち上がる
アンミ「グレースランド」とアンミ「ビスナガ」、そして
ディディスカスのホワイトです。

今回ご紹介するレースフラワーは、白花ではなく
シックな雰囲気で見慣れぬ赤茶色のレースフラワー、
ブラックレースフラワーというものです。ブラックの
名がつきますが、実際の花色は上述のごとく赤茶色で
多少誤解を招くところがありますが、このレースフラワーは
その素敵な花色ゆえに多くのファンをもつお花のひとつに
なっています。

学名をダウカス・カロタ、地中海沿岸原産のセリ科の
強耐寒性一年草で、株元が人参のようになるところから
「ノラニンジン」の別称をもっています。花期は初夏で
草丈150cmくらいにダイナミックに立ち上がり咲き、
やや黒ずみ、切れ込み細かな繊細な葉も美しく、
何よりも風になびくその見慣れぬ赤茶色の花色が
とてもすてきかと。

本種はノラニンジンと呼ばれる人参の原種からの
濃色選抜個体のため、株元が人参のようになるのだとか。
この人参は残念ながら食用ではないとのことです。

かつてより存在する旧い品種ですがいまだつくり手増えず、
珍しくはありませんがめぐり会うことの少ないお花のひとつかと
思われます。昨秋は発芽が遅れ数がまとまりませんでしたが
今春はしっかり数量をまとめています。

みなさんにもぜひ、この素敵な赤茶色のレースフラワー、
ブラックレースフラワーの異彩な雰囲気をお楽しみ頂ければ
幸いです。


スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT