心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ※誠に勝手ながら、
      10月15日(日)は、お休みとさせていただきます。


    ■9月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                     (状況により休む場合もございます)
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

すてきプランツから ~シノグロッサム メモリーマリンブルー~


5月上旬になるとお問い合わせの多くなるお花の
ひとつでもある「忘れな草」、正式名をミオソティス・
アルペストリスといいますが、その魅力はなんといっても
その深みあるブルーの花色にあるのだと思われます。
忘れな草はムラサキ科植物のひとつで、ムラサキ科
プランツをたどってみると青花ファンにはたまらない
素敵ブループランツがいくつか存在します。例えば
早春早くから開花するプルモナリア「ブルーエンサイン」や
初夏に豪快に立ち上がるアンチューサ「ドロップモア」、
また当庭でも今後戦列に加えたいと切に願ってやまない
青花すてきプランツ、オンファロデス「チェリーイングラム」
などが挙げられます。一年系では、神秘的な青紫色の
苞葉でファンの多いセリンセ「プライドオブジブラルタル」や
今回ご紹介するシノグロッサム「メモリーマリンブルー」も
ムラサキ科の青花素敵プランツのひとつです。

シノグロッサムは、和名「支那忘れな草」と呼ばれ立ち上がる
忘れな草として知られていますが、どうやら忘れな草の仲間
ではないようです。学名をシノグロッサム・アマビレ、中国
西南部からチベットを原産とするムラサキ科の耐寒性一年草で、
秋植えすると80cmくらいまで立ち上がり、無数の青花を咲かせます。
学名のアマビレは「かわいい」という意味だそうです。このプランツの
最大の魅力はその名が示すように「記憶に残る大海の水色」のような
その素敵な花色だと思います。忘れな草のブルーとはやや異なり、
水色に近いブルーともいうべきか、とてもきれいな花色なのです。
水あげがとてもいいようで切り花にも使えます。

私が駆け出しの頃はよく見かけましたが近年ばったり見かけなく
なりました。「メモリーマリンブルー」はその花色ゆえに一昨年より
当庭の生産に加わったブルー系素敵プランツのひとつです。
みなさんにもこのすてきな花色をお楽しみ頂ければ幸いです。



スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT