心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■営業時間:10:00~17:00
     ※6月25(日)はお休みとさせていただきます。

    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

第2弾! セファラリア ギガンティア


今日も暑い一日でしたね、今季一番暑かったでしょうか?
何か暑さで弱るかな?と思いましたが、大丈夫で安心しました。
今後暑い日は弱き者を注意深く見てあげるようにしましょう。
では参ります。

こちらも前項のサクシセラ『フロステッドパールズ』とともに
マツムシソウ科のすてきプランツかと思われます。特別
めずらしいものでもありませんがめぐり会いは少なく、
かねてより当庭のマツムシソウ科プランツの主力にと
考えていたもののひとつでもありました。セファラリア・
ギガンティアはコーカサス地方原産の強耐寒性宿根草
(常緑性)で、別称「ジャイアントスカビオサ」とも呼ばれ、
年数を追うと2メートル近くまでダイナミックに立ち上がり、
これがジャイアントの名の由来なのですが、その豪快な
容姿とは裏腹に花は比較的小さくたくさん咲きます。
そしてなんといってもその最大の魅力は、大きさではなく
レモン色のそのやさしい花色にあるのかもしれません。
またサクシセラとともに耐暑性も強いほうです。

~やさしいレモン色といえば、シルバーリーフの八重咲き宿根ガザニア
『レモンツィスト』がまぶしいくらいに輝き咲いています~

3年前の長野県への出張のおり、原木として1つ持ち帰ったのが
生産の始まりでしたが、2年目以降株が充実し、花つきもかなり
よくなりました。しかしながら昨年の移転の際、暑い時期の無理な
掘上げがたたったらしく、原木が大きなダメージを受けましたが
なんとか脇の子株が持ちこたえ、また1からの原木づくりとなっています。

開花期が7月~8月頃で、昨年秋は発芽が少し遅れたため、今夏は
咲かない株が出るかもしれませんが、私が3年前の6月下旬に長野より
持ち帰った苗は、小さいながらも1本花は咲き、当庭で現在販売中の
苗もあの長野のときと同じような状態なので、絶対咲かないとも
言い切れない状況です。

2mと聞くとなんだか扱いづらそうなイメージもわきますが、7~8号鉢
くらいで根の伸長を抑えると1mくらいで咲かせることもできそうです。

みなさんにもぜひ、このやさしいレモン色の素敵なマツムシソウ科
プランツ、セファラリア・ギガンティアをダイナミックにお楽しみ頂ければ
幸いです。

明日はちょっと休憩して、クナウティア『マースミゼット』です。





スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT