心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■11月定休日のお知らせ
      誠に勝手ながら、
      仕入れや店舗外作業のため、不定休とさせて頂きます。
      ※臨時休業の場合は、ブログにてお知らせ致します。  

     
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

黒葉の悪魔


アメリカコデマリという花木があります。正式名は
「フィソカルパス」といいますが、なんだかおつまみの
ジャーキーを思わせるような名前ですね。最もよく
流通するのは『ディアボロ』という品種で、黒葉が
とても美しい花木のひとつです。強耐寒性・強耐暑の
バラ科の落葉低木で、最大で3メートルほどになります。
初夏の丸く淡いピンク花が素敵で、花後赤い実もつく
ようです。刈り込みにも強く、大きくしたくないのなら
思い切って剪定しましょう。ただし、ひとつ注意点が
あります。「花が咲かない」との声をよく耳にしますが、
ちょっと調べてみたところ、「夏頃から花芽の分化が
始まる」との記述が見えました。この説に従うならば
秋や冬前の剪定、早春の剪定は花になる部分を
切り落とすことになるので、深い剪定は花後に
しっかりしておかなければならないことになります。
花木の剪定の時期は花芽の分化の時期と深く関係している
ようです。多くの「あじさいの剪定は8月頃までに」と
いわれるのはそういった理由なのですね。花木の
剪定にはくれぐれもご注意を。

当庭で育苗している黄花コスモスの赤花も『ディアボロ』
という品種名でした。ディアボロの意味を調べてみると
ギリシア語で「ディアボロス」、「悪魔」という意味なんだ
そうです。しかもかなり高位の悪魔らしいです。
この魅惑的な強い葉色・花色をちから強い高位の悪魔に
見立てたのでしょう。確かにこのアメリカコデマリ『ディアボロ』の
深い葉色は、《神聖》というよりは≪闇≫を司るものに
属しているように感じられます。

このフィソカルパス『ディアボロ』をみなさんはどのように
受け止めますでしょうか?




スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT