心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ■7月の定休日のお知らせ
      毎週月曜日・第4日曜日
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
      (状況により休む場合も御座います)
      ●営業時間:10:00~17:00

    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

聖なる白い松明をかかげて


夏前になると各地であがる赤い松明、正式名を
モナルダ・ディディマといいますが、あがる松明は
赤だけではなく、ピンクやラベンダー、ホワイトなどが
あります。ベルガモットの別名があり、多種の効用から
ガーデンだけでなくハーブとしてもよく利用されています。
大株になると1m以上に立ち上がり、たくさんの松明を
かかげ、とても見事です。暑さ寒さをもろともせず、
とても丈夫で、半日陰対応もききます。かつて仕入れた
ものがすぐうどん粉病になり、モナルダはうどん粉病に
なりやすい植物のひとつというような悪いイメージが
ついてしまいましたが、ここ数年のお客様との会話のなかで
「まったくうどん粉病にならない」との声が何件も入ってきたのには
少し驚きましたが、うどん粉病に悩まされ、調べていくうちに
扱っているお花が徐々にうどん粉病にならなくなってきているのも
事実です。なにもしなくてもうどん粉病にならないというのは、やはり
そこにモナルダに発生するうどん粉病糸状菌が存在しないと解釈して
いいのでしょうか?今年は移転したこともあり、生産場所が変わった
ことからか、昨年の秋から現状まで、うどん粉病にかかりやすい
バラやクレマチス、ジニアやモナルダにまだうどん粉病が発生
していない現状です(これから出てくるのかもしれませんが)。

当庭では、モナルダは生産計画品に入ってはいませんが、白花だけは
とある事情で寄り道生産しています。もしこのままうどん粉病が発生しない
ようならば、プンクタータや『ベルガモ』といった素敵な品種を導入してみても
いいかなと思っている現状です。

情熱的な赤い松明ばかりが目立つこの季節ですが、やや雰囲気の異なる
聖なる白い松明をかかげてみるのも素敵かもしれませんね。



スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT