心々の庭/cocononiwa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ※誠に勝手ながら、
      10月15日(日)は、お休みとさせていただきます。


    ■9月の定休日は、毎週月曜日・第4日曜日となります。
      ※ただし、第4日曜日の翌日の月曜日は、営業致します。
                     (状況により休む場合もございます)
      ●営業時間:10:00~17:00



    ■電話でのお問い合わせについて
      移転に伴い、新店舗の電話番号が変更になりました。
      前店舗(鯉淵町)の番号は当店ではありません、ご注意ください。
      新たな電話番号は、ただ今準備中です。
      お客様にはご迷惑をおかけしますが、公開までもう暫くお待ちください。

≫ EDIT

スミレ?ロベリア? その名はモノプシス


スミレのようにも見え、ロベリアのようにも見える見慣れぬ
素敵プランツが存在します。横に広がる所は這性ロベリアの
ようで、花はパッと見すみれのようにもみえますが、その
形状はやはりロベリアかなと。キキョウ科の耐寒性宿根草で
南アフリカを原産とするつくり手の少ない特花のひとつです。
かつてきよみさんも何か分からず購入し調べてみたとの
記述がありました。モノプシス・ユニデンタータ『パープル
オーエン』という品種ですが、この品種の流通が一番多いかと
思われます。かつて花市場で黄花のモノプシスを見たことが
あります。その時は詳細がよく分からず、見事!販売に失敗
したのでありました、エッヘン!当庭での日当たりのいい場所での
霜の直撃下の耐寒テストでは、地上部はボロボロになりましたが
芽吹きは少し遅れて心配しましたが、ほとんどのポットが萌芽し
無事寒い冬を乗り越えました。が、一般見解は霜よけを要するとの
記述が多く見えるため、当庭でも強耐寒性の記述は避けるように
します。過湿に注意が必要なので、冬期融けずに凍り続ける所は
禁物です。日当たりが良いところを基本としますが、夏場炎天下で
生育不良を招くなら、半日陰で育てましょう。暖地では、春の花後
しっかり切り戻し、夏半日陰で秋を待つのが無難かと。秋には
すばらしい株に化けます!

英名「ワイルドバイオレット」と言うそうです。また「パンジーロベリア」
という別称もあるようです。そんなスミレ?とロベリア?の花姿を
併せ持つ素敵花モノプシス『パープルオーエン』をお使い頂ければ
幸いです。

なお、モノプシス・デビリス『リーガルパープル』という別種も存在
しているようです。過去17年間遭遇したことはありませんが、
いつかめぐり会える時も来るのかな。



スポンサーサイト
↓ぽちっとお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

| 市場外商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT