心々の庭/cocononiwa

    ■4月の定休日のお知らせ
     毎週日曜日

     営業時間:10:00~17:00
      ※その他、不定休あり
      ※悪天候により、休む場合もございます。

    ■電話番号
     ご連絡等は、下記の番号へお願いいたします。
      029-306-8232

    ■FAX番号
      029-350-1755
    お名前、住所、電話番号を御記入をお願いいたします。
    ※改めて心々の庭より、確認のご連絡をいたします。
    誠に勝手ながら、FAX確認作業は夜間になりますので、
    お時間をいただく場合がございます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

自由の定義


つぼみが出来てきたフェリシアはまだ咲かない、
耐寒性はさほど強くない記述があったため、
いつやられるか、いつやられるかいつも心配
していたが、今のところ大きな問題は出ていない。
もちろん夜間はハウス内だが。

昨日星咲きアッツザクラと呼ばれるものの葉痛み
部分を手入れしていたら、株元につぼみの形成を
確認した。全体的に出来てきていてちょっとうれし
かった。すばらしい原木だったため、株分けにて
いい苗がつくれたわけだが、1ポットで何本の花が
咲くか実に楽しみである。正式名はスパラキシス・
カペンシスと言う、アッツザクラという名は、戦時中
アッツ島という島のこの植物に日本が勝手に命名
したということで、この命名に気分を害する方が
いらっしゃるかもしれないので、なるべくアッツザクラ
という名称を私としては使いたくないと思っている。

従軍慰安婦の問題も同じようなことで、当事者たちに
とっては決着などありえないのだ、原爆の問題も。
長い年月を経て、仮にその世界に当事者たちが
いなくなったとしても、おそらくその責任を後世を
生きるものたちがいつまでも背負っていくことに
なるだろう。

表現の自由があるということはとても幸せなことだが、
ひとの心を思いやれないような表現の自由など絶対に
あってはならない。





| いろいろ | TOP↑

≫ EDIT

二つ目の全滅


≪ハウス型にはそれなりの理由がある≫

今期私の練習品であったゴデチャ『フルーツ
パンチ』、順調に育っていたが、今日摘芯して
いたら ! たいへんなことになっていた。茎が
ペッタンコになっていたのだ。今までで一番
ひどい凍裂症である。それなのにまだダメに
なっていない、よくふんばっている。とりあえず
そのままにしておくがたぶん、いやぜったい
ダメだな・・・あれでは・・・ディディスカスに続く
二つ目の全滅品かな・・・

明日ゴデチャ『ブルーマジック』も見ておかな
ければならんな・・・


| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

動き出してきた者たち 

売場小ハウスにある花色テスト用の千鳥草が
急にモリッとした、あんなに小さかったミオソティス
『モナミブルー』もグングン大きくなってきている。
「こんなに大きかったかなぁ」と思う瞬間がときどき
ある、昔はそういう瞬間がもっともっとあったらいい
なぁとも思ったが、最近は順番に出来上がるように
コントロールしているため、こういう瞬間はときどき
あるくらいでちょうどいい。

今日も我が青い苗を連れていってくださった方が
いらした。先日の紅のポテンティラの項を見てくれた
とのことで連れていってくれた。それとアネモネの
ミストラル、不定色でもかまわないと言ってくれた。
鉢植えのほうがつぼみが大きくなってきていたので、
何色かな?とつぼみを開いて見ていたら、『いじっちゃ
いけないって書いてあったよねぇ』とつっこまれた、
ニヤニヤしながら。まちがいなく私の反応を楽しんで
いたにちがいない。それとうれしいかな、アネモネ・
フルゲンスと千鳥草、セントーレア『イエローサルタン』、
クリサンセマムコンビネーションのご依頼を頂いた。
3月上旬頃のお渡し予定となっている。植えつけに
ご不安があるのであれば、納期に関してもご相談
ください。でき得る限りご希望にそえればと思って
おります。

また、シノグロッサムのブルーとピンク、シレネ
『ピーチブロッサム』、ニゲラ『アフリカンブライド』、
ビスカリア『ブルーエンジェル』、リクニス『プライベート
ヘブン』、ブラキカム~ホワイト~、ムルチコーレ『ムーン
ライト』を連れていってくださった。1週間ほど前の雪が
まだとけていないという、厳しい状況だが、年末連れて
いってくれたギリア・レプタンサは軒下でよく頑張って
くれているという。うれしいご報告だった、お礼申し
上げます。お帰りの際に『ブログ見てますよ』と言って
くれた、なんだかとてもくすぐったくはずかしかった。
ひょっとするとわたしの長い長い記述を見て下さって
いる方は私の思っている以上にいらっしゃる、のかも
しれない。

まだまだ寒い日が続くが、あとひと月もするともう3月だ。
長かったようであっという間の冬だったかもしれない、
私にとっては。今日お客様との会話の中に、こんなに
寒くても植物が少しずつ大きくなってきて動き出してきて
いるように感じられるというお話があった。わたしも同じ
ように感じている。セントーレア『ブラックボール』の芯が
少し伸び出した、セリンセの茎が横に広がり始めた、
温度がかからずロゼット状になっていたムルチコーレも
近日急激に横に伸び出すだろう。ネモフィラやギリア・
レプタンサなどをいつまでもハウスの中に入れておくのは
危険な時期になってくるだろう。

寒さと暖かさが入り乱れるうれしくも錯覚めいた
危険な時期でもある、管理には十分気をつけたい。








| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

余剰分2品種のダイアンサス


ダイアンサス・デルトイデス(チェリーレッドか
カーマインローズ、もしくはその混植株)と
ダイアンサス『ブラックベアー』の9cmポット
余剰分が20ポットくらいずつあります。
トレー持ち帰り10個で1500円で準備
できます。単体でもミックスでもどちらでも
可能です。少し小さくても問題ないようでしたら
ご利用頂ければ幸いです。



| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

千鳥草のご依頼をお待ちしています


今期も色不定ですが、千鳥草『ジャイアント
インペリアル 混合』を100ポットほど準備
してみました。色にこだわらないたくさん
植えられたい方がいらっしゃいましたら
ご相談ください。順次の出来上がりに
なりますが、まだ80ポットほどは行き場が
決まっていない状態です。量的にもプライス的
にもお役に立てるかと思われます。

ラークスパー飛ばされたい方、ご相談お待ち
しております。



| 市場外商品 | TOP↑

≫ EDIT

ひょっとするとタネ播きのスペシャリスト?


ダメだ・・・眠れない・・・今日はあまり動かなかった
からか・・・

先日ハウス内チェックをしていたら、! 娘が秋に
播いたマロニエが発芽していた。アレンジのスペシャ
リストのところに行ってきた時に一粒もらってきたと
いうことだ。このところお会いする機会がないが、
ダウカスの件でお話があるので近日会いに行く
ことにしよう、ユーモアあふれる方なので、少し
元気を分けてもらうことにしたい。それと練習用の
ユリオプス『イエローエンジェル』もひとつだけ
発芽していた。昨秋タネのようなものができたので
試しに播いてみたが、やはりタネだったのだ。
2月下旬頃より早春のタネ播きが始まるわけだが、
そのときにあるタネ全部播いてみよう。それまでに
少しでもハウスを空けておかねばならない。

彼女が播いたスイートピーも順調だ、面倒を
見ているのは私なのだが・・・花には関心が
ないようだが、ひょっとするとタネ播きのスペシャ
リストになれる素質を持っているのかもしれないな。





| いろいろ | TOP↑

≫ EDIT

再構築の決意


移転よりおよそ1年、当庭における販売と生産に
おける環境面でのメリット・デメリットがしっかり
見えた1年でもあった。暑い夏前の移転だったため、
売場再編が暑さ対策中心に動いてしまったため、
寒さ対策の面で問題が生じている今日この頃だ。
今年は17年の園芸経験の中でも最も厳しい冬だと
言える。あらゆる設備が不十分なため、まずは
そこから修正していかなければならない。

前店舗より運び込まれた売場パーツのおよそ
3分の1がまだ使われていない、生産量の増大に
ともない売場再編業務がほとんど進まなかった
からだ。おまけに長年使ってきたドリルドライバーも
とうとう動かなくなった、あの暑い夏の連続的な
酷使に耐えかねたかな・・・大事にしてやれなかった、
ごめんよ・・・

販売エリアでみれば、屋根がついたエリアが
ちょっと少ないかな、今のままでは豪雨や寒さから
植物を守ることはできない、また遮光用の屋根では
冬期部分的にちょっと日照不足になっている。
張替えが必要だ、それにともない遮光用の屋根を
西側へ使い、当庭の日照エリアを広げることに
しよう。西側の売場構築からのスタートとなるかな。
これが完成すれば過湿に弱いものを守れるエリア、
寒さに若干弱いものを守れるエリアが増大する。
現状下ではスペース上の都合で、バックから出動
できるのに出動できていないものがそれなりに
あるのだ。

生産側で見ると明らかに設備不足だ、まずは
ハウスが足りない、植え替えてももう置き場が
ないため植え替えが進まない状況になっている。
また、小さなトンネルハウスのため開閉に余計な
時間がとられる、水やりも大変だ、腰が痛い・・・
理由あって大きなハウスはつくれない以上、
せめて身の丈ほどの小さなハウスを自分の手で
つくり出さなければならない。構想は出来ているが
なにぶん強風から守れるかどうかが最大の心配事だ。
なぜなら図画工作はいつも≪もっとがんばりましょう≫、
技術・美術は≪2≫だったからだ。おまけに機械音痴と
きたもんだ・・・ドリルドライバーが到着次第残っている
パーツでハウス構築に入るが、これが完成すると
私が想い描いている流れが一気に進み出すことだろう。

生産業務、売場構築、バックハウス構築を同時に
おこなっていかねばならない、厳しい状況だが
必ず成し遂げなければならない、春がやってくる
前に。



| お店のこと | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。